勉強合宿の昼食

勉強合宿の昼食はお弁当です。

今回の春休み勉強合宿では、教室のある建物の1階にあるお弁当やさんを利用しています。

お昼の時間はとても混んでいることが多いため、10時位の小休憩時間の間にお弁当の注文をしに行きます。

お弁当の種類はずいぶんとあるので、好き嫌いがある生徒も好きなものを選んで注文することができます。

勉強合宿で学習活動が有意義なできるかどうかは、食事の好き嫌いが多いか少ないかということがよくあります。

食事の好き嫌いが少なく、なんでもよく食べる子は、勉強合宿を効果的に利用して、とてもよい学習にしていくことができる傾向があります。←仮説

前回のブログで紹介した、地元難関校合格の子も、なんでもよく食べる生徒でした。

現在、参加中の生徒は・・・

好き嫌いがなく何でもよく食べる生徒です。

お弁当屋さんや食事やさんで、メニューをみながら、「なんにしようか」と考えるときの選択基準は「量」ということでした。

それで勉強の様子は、仮説のとおり、とても熱心に学習しています。

好き嫌いなくよく食べることができるということは、人生のうるおいの範囲が広いということ。

勉強活動においては。エネルギー供給に不足がなく、やろうという意志を実際の行動につなげることができる可能性を高くすることができる・・・

ということかなあと、二つ目のごはん大盛り弁当を食べている様子を見ながら、ぼんやり考えていました。